読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『女性アスリートの輝き』第30回全国ろうあ者テニス選手権大会1日目

f:id:CHALLEATH:20160906113756j:plain

2016年8月13日(土)~14日(日)、広島県広島市の広域公園テニスコートにて第30回全国ろうあ者テニス選手権大会が開催された。
本大会は2017年にトルコで開催されるデフリンピックの日本代表候補選手や各ブロック大会の出場資格対象選手等、男女20名が出場。2018年にアルゼンチンで開催されるドレセマエレ杯の第1次候補を選出するための重要な大会である。
今回は大会1日目の女子6人による1次リーグ戦の模様をお伝えする。

f:id:CHALLEATH:20160906113818p:plain


1日目の1次リーグ戦とは、AリーグとBリーグの3人ずつに分かれ、各リーグの1位から3位を決める方式だ。2日目は前日の順位に応じてトーナメント方式となる。
ひときわ輝くプレーを魅せたのは、Bリーグの菰方(こもかた)里菜選手(三重県)だ。
菰方選手は若干14歳。小さな体からは想像できない強烈なフォアハンドストロークと、鋭いリターン、そして屈託のない笑顔が魅力的だ。
1試合目は、ややバックハンドストロークに硬さが見えたものの、ゲームカウント6-1,6-1で勝利。
菰方選手は「緊張していたので思うようにプレー出来なかった。バックハンドストロークは1ポイントで決めようとしてしまったので、ポイントを落としてしまった。」と振り返った。

f:id:CHALLEATH:20160906113840p:plain

2試合目は35度を超える猛暑の中行われた。
「体力はあるので、体力勝負に持っていけるところが強み。弱気なプレーをしないで、自分のプレーを出し切ることに集中した」という言葉通り、強気なリターンから相手を崩してポイントを重ね、終始相手を攻め続けた。1試合目で挙げていたバックハンドストロークも安定感が増し、ゲームカウント6-0,6-0で圧勝。14歳とは思えない対応力に、脱帽の一言だ。

f:id:CHALLEATH:20160906113944p:plain
女子の最終戦はAリーグの尾形滋子選手(大阪府)vs川邉(かわべ)美佐選手(愛知県)。
高校2年生の川邉選手が1セットを先取するも、ベテランの尾形選手が粘り強いプレーで1セットを返し、ファイナルセットまでもつれ込んだ。
ゲームカウント2-5と川邉選手がマッチゲームを迎えるも、尾形選手が長いラリー戦に持ち込み、4-5まで盛り返す。両者ともに暑さと長期戦の影響から体力はほぼ残っていない。気持ちと気持ちのぶつかり合いだ。
最後は川邉選手が競り勝ったが、尾形選手が川邉選手と挨拶をする際に、「よく頑張ったね」と言わんばかりに笑顔で頭を優しく撫でた。

相手のプレーを称え、相手をいたわる気持ちを忘れないスポーツマンシップは、どんなスポーツでもどんな戦況でも忘れてはいけない。
若手の躍動、そしてベテランのスポーツマンシップが輝いた大会1日目であった。
~次回2日目に続く~

 

日本ろう者テニス協会
その他のろう者テニスの記事はこちら

www.challeath.com

 

https://www.challeath.com/